忍者ブログ
京都発ブラックバードとのツーリング日記
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

群馬県泊まりツーリング

「プロローグ」
この企画は本当に突然持ち上がった。
GW真っ只中の4月30日、そして日付が変わり5月1日なった夜中の1時過ぎ、急遽泊まりツーリングを決行することになる。行き先は前々から計画していた群馬県の妙義山だ。
まずは宿を見る、空いている。
そして嫁の顔を見る、OKのようだ←そのように見えたと勝手に解釈(笑)
そこから風呂に入り3時過ぎに出発という強行スケジュールで群馬県泊まりツーリングは幕を開けるのであった。もちろん一睡もせずに出発。まるで20代前半の若者がやるようなことをする36歳のおっさんの旅が始まった。
 
 

 
プロローグなんて作ったけど、一言で言うとおっさんが一睡もせずに無理して長距離ツーリングに出かけたってだけです。
付き合ってくれた方、ありがとう。。。


名神高速に乗ると思っいていたよりも空いている。暦の上では今日は平日なのでマシなのか、とか思いつつ中央道の諏訪ICまでの長い道のりを走る事となる。
ルートは諏訪ICより国道299号で群馬県に入り国道標高NO2の麦草峠~国道254号線~妙義山。泊まるのは妙義CC内にあるビジネスホテルだ。













GWとは思えない程ガラガラの中央道を快走する。
途中数回の休憩をし駒ヶ岳SAに到着。さすが旅仕様のバイクが結構多かったね。朝飯はスタミナ丼。そしてアリナミ~ン7!!
ぶっちゃけ言いますとこの時点で体にガタが来ていました(笑)
アリナミン7を飲んで誤魔化します。。。





 





 

諏訪ICに到着。ここで300kmちょい。
ビーナスラインにも行きたいが今日は我慢。結果論になるが麦草峠に行くなら断然ビーナスラインのほうが良いな。
気持ちの良い道をマッタリと走りながら麦草峠を目指す。NO2とは言え2000m級の山に登るのでまたブラックバードが不調になるなぁ。キャブ車の宿命。








 



ここの道は一見ダイナミックな感じで快走できそうなのたが、路面状況が悪すぎる。かつ空気も薄いので黒鳥さんのご機嫌も斜めなので飛ばそうと言う気にもなれずマッタリと景色を見ながら進むことに。ちなみにここはバイクがやたらと多く、すれ違うのはバイク8車2という現象が起こっていた。
標高が高いということはそのまま寒いとなるわけでして、めちゃくちゃ寒かったです。多分10℃なかったのでは??そして何の感動もなく(しいて言えば寒いだけ)テッペンに到着。








誰もいませんでした(笑)
てか、閑散としすぎて少し怖かったくらいです。
NO1の国道292号線の渋峠は相当賑わっていたのに。
標高的に言えば50m位しか変わらないのに1位と2位では偉い差だと実感しました。
知名度って大事ですね。

登ったら下る、これは山の常識です。あとは下って妙義山を目指します。








 

道中、白駒池を発見、面白そうなので散策してみることに。
思ったよりも安い駐車料金を払い散策開始。
















ここからは徒歩で散策だ。不眠の体では結構、いや相当辛かったです。
足腰も若干不安定状態で睡魔も来てたり。30代後半にさしかかり・・・無理はするものではないと強く実感しました。
おっと日本語を間違えましたね。「無理するものではない」ではなく「無理出来ないことを自覚すべき」でした。
途中にはアイスバーンも完備。足元がおぼつかないので転けそうになりましたが。
10分位歩くと湖が見えてきます。気温一桁と冬並みの気候での湖なんて初めて見ます。
写真では表現できていませんが、水面がすごく綺麗で神秘的な感じを受けました。しんどかったですが来て正解。
いい物を見させてもらいました。満足満足。
では限界が近い体を引きずって妙義山へと向かいましょう。







 

国道299号線から国道254号線のメルヘン街道へと向かいます。

今回のレポはここまで。
続きはまた次回にでも・・・。

拍手[1回]

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール

HN:
マー坊
性別:
男性
自己紹介:
時間の無い中ちょこちょこツーリングに行きます。ブラックバードは長い付き合いで頼れる相棒。
ブログ内検索

最古記事

アクセス解析