忍者ブログ
京都発ブラックバードとのツーリング日記
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ツーリングクラブ

最近ツーリングクラブの検索をしているのですが、結構な割合で目に付くのが

「現在男性メンバーの募集を停止しております」

だ。
まあ、意味はわかるよ。俺みたいなおっさんが増えすぎないように調整って所か。
そんなの書いてるクラブの多くが謳う次なる御言葉は

「出会い目的、ナンパ目的の方はご遠慮願います。そんな場ではありません。」

だ。
これが意味がわからない。
男はダメで女ならオッケー!とか言っといてか?
(そこの管理人が女性なら筋は通るのだが)
そして女性ライダーの部員が欲しいのが見え見えの勧誘文。
人ぞれぞれとらえ方は違うけど「結局出会い目的やん!」とツッコみたくなるね。

結局は女入れて「クラブを華やかにしたい」「女性ライダーと知り合いになりたい」「あわよくば・・・」って感じなのだろうな。
なら堂々と書けばいいのに、と思う。

ウザイのでおっさんライダーはお断り!
花のある可愛い女性ライダーのみ募集!!
それ以外は門前払いです!!!

ってな。
まるで企業の応募広告みたいだな(笑)

拍手[1回]

PR
また金が飛ぶのか・・・



先日のツーリングで、強力なエンジンブレーキをかけると車体が暴れだしました。
4→2速のシフトダウンです。
ワインディングで遊んでいる時にたまにやるのですが。
こうなってくると原因は一つ、タイヤの劣化です。
もうどうしようもありません。交換するしかないですね。
確認した感じまだ1000kmは走れそうなので、あと1、2回ツーリングに行くと交換かな。

まあタイヤ交換と簡単に言いましたが、お金ないんですよね(笑)

拍手[0回]

ホンダから新車種登場

ヤングマシンを読んでいたら目の毒になる記事が載っていた。

CRF1000Lアフリカツイン登場!

 
 
ホンダのホームページを見ていると欲しいものが標準装備。もちろんオプションで箱も取り付け可。どこでも楽々走破出来そうな見た目。ホンダもコンセプトとして「冒険」とかがけている。
欲しすぎる。値段は130万代。
これにより封印していたバイク欲しい熱が再発してしまったのだ・・・。

欲しいバイクの候補としては

1 CRF1000Lアフリカツイン
2 VFR800FかX
3 CBR650F

VFR800Fは前々から欲しいと思っていたのだが、CBR650Fに関しては自分の欲求やツーリングスタイルを見直していると「求めているものが全てこのバイクにある」的な感じがするのだ。
簡単に言えば免許取り立てが飛びつきそうな隼やブランド買するハーレーなどと違って、ベテランライダーが本当に必要な物は何か?と考えて欲して購入するバイク、という感じがする。要は見た目じゃなくて中身で選んだ、みたいな。
とりあえずこの3つに候補を絞ってホンダドリームに行こうかと思っている。
CRF1000Lの嫌な点を上げるとすれば2気筒とスタイリング。この2つは常時関係してくるので考えどころ。走行性能と使い勝手は文句なしと思うので難しい所だな。

拍手[0回]

バイク用品衝動買い

やってしまった・・・
ちょっと買いすぎました。
前回言っていたナビとシガライターは通販で、今回はRSタイチで買い物して来ました。
要領アップ化でタンクバックを、10年使って撥水能力0になっていたカッパの買い替え、同じく10年使いゴムがヒモみたいになったネット、破損してしまったポシェットの新調、ボロボロのインナージャケットの新調。結構な額を使いました。
最後に一番欲しかったホンダ純正のウインタージャケット。ヤングマシンでみて一目ぼれ。
しかし結局在庫切れで買えませんでした。
店舗も見て周り、通販も探したが全滅。
なので他に探してゴールドウインのジャケットにしました。35000円也。少し高かったですがゴールドウインのジャケットの耐久性、使い勝手は実証済み。なのでスタイリングで選びました。
カッコイイです。届くのが楽しみですね。
それと早くフロントタイヤを買いに行かないといけないな。
このままだとツーリングに行けん。
2万近くは飛ぶので結局合計10万近く使った事になる。
既婚者がこれでいいのか・・・と反省しなければいけないなぁ、マジで。
まあ自分の取り分の範囲内でやっていると言えばやっているのだけどね・・・。

拍手[0回]

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

HN:
マー坊
性別:
男性
自己紹介:
時間の無い中ちょこちょこツーリングに行きます。ブラックバードは長い付き合いで頼れる相棒。
ブログ内検索

最古記事

アクセス解析